他人の脳ミソをレンタルしよう | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

「辛さ」も「悔しさ」も「悲しみ」も、すべては将来のネタになる

 

誰もが、時には辛い目に遭います。

 

「人生はクローズアップで見れば悲劇だが

 

ロングショットで見れば喜劇である」と

 

喜劇王チャールズ・チャップリンの名言です。

 

辛い目に遭っている自分を狭い視野でとらえれば

 

たしかに悲劇のヒロインです。

 

ぐっと視点を持ち上げて俯瞰で見てみると

 

とたんにちっぽけな自分が客観視され

 

たちまち悲劇のヒロインでなくなってしまうのです。

 

どんな「辛さ」も「悔しさ」も「悲しみ」も

 

一歩引いて客観視してみることで

 

冷静にとらえることができます。

 

 

僕は、辛い出来事はすべて

 

「ネタ」だと思っています。

 

「ネタ」があるおかげで

 

何の専門知識も技術もない僕が人前で話したり

 

本を書いたりして

 

曲がりなりにも

 

人様のお役に立っているのだと思います。

 

悩んでいるだけでは「悩み損」です。

 

人生に起こることは何でも

 

「将来、人に披露するネタ」だと思えば

 

ぐっと生きやすくなるのではないでしょうか。

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように