講師プロフィール | クロフネカンパニー 中村文昭

EVANGELIST

中 村 文 昭

Fumiaki Nakamura

昭和44年 三重県多気郡大台町大杉に生まれる
皇學館高校卒業
現在 有限会社クロフネカンパニー 代表取締役社長

著書

  • 『お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!』(サンマーク出版)
  • 『お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!(出会い編)』(サンマーク出版)
  • 『人生の師匠をつくれ!』(サンマーク出版)
  • 『出会いを生かせば、ブワッと道は開ける!』(PHP研究所)
  • 『非常識力』(PHP研究所)
  • 『僕たちの“夢のつかみ方”をすべて語ろう!』(学習研究社) など

CD・DVD

  • 『中村文昭のみるみる元気がわいてくる!1(パワーの源)CD』
  • 『中村文昭のみるみる元気がわいてくる!2(出会いの種)CD』(サンマーク出版)
  • 『人生の師匠をつくれ!DVD』(サンマーク出版)

略歴

14歳

同級生からの総スカン

中学校2年生のとき、それまで威張り散らしていた同級生全員からある日突然無視をされる。
以後13ヶ月の間、同級生の誰とも口をきかない日々が続く。

15歳

皇學館高校入学

中学校のときの無視をされ続けた経験を生かし、高校に入ってからは周りの友人を大切にする。
他人のいいところ探しが得意になる。

18歳

東京へ上京

高校卒業後、兄を追いかけるように東京へ上京。

防衛庁突入事件

壊れた自転車でブレーキが効かず防衛庁に突入。
警備員に取り押さえられた後、今後二度と防衛庁には近づかないという誓約書を書かされる。

自転車泥棒疑惑

壊れた自転車を押して帰っている途中、自転車泥棒と勘違いされ警察官に呼び止められる。
職務質問を受けた後、その警察官と仲良くなり食事をご馳走になったり仕事を紹介してもらったりする。

人生の師匠との出会い

ある日、焼き鳥屋でその後の人生に大きな影響を受ける大物リーダーと出会う。
彼の話を聞きその場で弟子入りを決意、彼の商売『野菜の行商軍団』に加わる。

都内に飲食店をオープン

六本木や麻布などに5店舗まで拡張。

21歳

地元三重県にて『クロフネ』(1号店)オープン

徹底してお客様を喜ばせて『クロフネ』を大繁盛させる。

26歳

ウェディングレストラン『Living Cafe Kurofune』(2号店)オープン

2人が列席者の方から本当に祝福してもらえるウェディング作りを目指し演出を手がける。
年間約50組の挙式・披露宴をプロデュース。
その後3号店をオープンさせるも失敗、挫折を味わう。

32歳

講演活動

知人から頼まれ、大勢の経営者の前で話しをする。
そのときの噂が口コミで評判をよび、現在では年間300本以上の講演依頼を受ける。
企業・地域団体・学校関係など対象は様々。
年間約50組の挙式・披露宴をプロデュース。
その後3号店をオープンさせるも失敗、挫折を味わう。

37歳

耕せにっぽん活動開始

離農が進み土地がどんどん荒れていく地方の現状、都会で社会問題とされているひきこもり・ニートの若者たちの増加。この2つの問題を組み合わせ、一気に解決してしまおうという”耕せにっぽん活動”をプロデュース。
何度も失敗を繰り返しながら、近隣農家さんの力も借りてトウモロコシを中心に多くの野菜を生産している。

39歳

あこがれ先生プロジェクト

学校関係に講師として呼ばれたときに出会ったたくさんの素敵な先生達。そんな先生方にスポットが当たるイベント”あこがれ先生プロジェクト”をプロデュース。全国から多くの現職の先生や、将来教師を目指す若者が参加。大成功を収める。

43歳

東久邇宮文化褒賞(ひがしくにのみやぶんかほうしょう) 受賞

7年に渡る「耕せにっぽん!」の活動が認められ、民間最高の褒賞「東久邇宮文化褒賞(ひがしくにのみやぶんかほうしょう)」を受賞。
東久邇宮賞は「三大宮賞」の一つで知的財産や発明の振興に努められた、有名無名の人々を表彰するもので『大衆のノーベル賞』とも言われております。

中村文昭の演題はこちら

以下のプロフィール・写真のデータはダウンロードフリーです。
ご自由にお使いください。

中村文昭プロフィール

ダウンロード
(jpg/154kb)

中村文昭 写真

ダウンロード
(jpg/385kb)

中村文昭 写真

ダウンロード
(jpg/2.29mb)

香 葉 村 真 由 美

Mayumi Kabamura

「まゆみ先生」の名で慕われる元小学校教師。
1993年~2018年福岡県福岡市小学校の教師
現在:有限会社クロフネカンパニー専属講師
   メンタルヘルス協会公認カウンセラー

演題

  • 「子どもたちの光るこえ」「覚悟するということ」
  • 「こどもたちのいのちが教えてくれたこと」
  • 「覚悟するということ」

略歴

「国は人がつくる。人は教魂がつくる」という信念のもと、子ども達に様々な授業や取り組みを行っているごくごく普通の熱血先生。授業や取り組みは、教室の中だけでなく、学校外の時間や場所にも及ぶ。

香葉村は生徒達からの信頼は厚く、受け持つクラスは、「香葉村学級」と呼ばれ、クラス替えのあとや卒業後もその繋がりは強く保たれている。
※教魂は、教えゆく者の魂。これは先生だけでなく、父、母、すべての人を指す。

2008年に転機が訪れる。

三重県で行われた「第一回先生見本市(現在の「あこがれ先生プロジェクト」)で講師を務め、そのときの話がたくさんの人に感動を与え、全国から講演依頼をうけるようになる。教育の原点について話す香葉村の講演は、教師にはもちろん、人を育てる立場にある保護者や経営者、管理職の人たちからの支持を得て瞬く間に広まった。小学校に勤務しながら、公休日に全国各地で講演を行っていた。その数は次第に増え、2017年の公休日のほとんんどを講演活動に費やすようになる。その後、有限会社クロフネカンパニー専属講師として講演活動を行いながら教育機関のコンサルや子ども達の未来を創る団体への支援を行っている。

講演も現在では、合計500講演、5万人。雑誌などに掲載され、ドキュメンタリー映画に出演も。

少しずつ増えた講演も現在では、合計500講演、5万人という数になる。たくさんの方々に感動を与え、雑誌「メッセンジャー」「月刊誌 致知」「みやざき中央新聞」「道」「しちだ・教育研究所・子育ては夢育て」などに掲載される。また陶彩画家・絵本作家(「いのちのまつり」シリーズ)草場一壽氏によるドキュメンタリー映画「いのちのまつり・地球が教室」に出演。その中では、まゆみ先生と子供たちの「いのちの授業」がたくさんの方々の涙を誘っている。
2017年8月 著書「子どもたちの光るこえ(センジュ出版)」を、出版。

東 野 昭 彦 & 川 真 理 子

東 野 昭 彦
&
川 真 理 子

Higashino & Hikawa

東 野 昭 彦

1970年6月15日生まれ
農業生産法人 株式会社耕せにっぽん 代表取締役

演題

  • 「大地を耕し、心を耕す」
  • 「ひきこもり君が教えてくれた5つのこと」

肥 川 真 理 子

1956年7月11日生まれ
農業生産法人 株式会社耕せにっぽん 寮母さん

ワークショップ

  • 「いのちを育む料理教室」

東 野 昭 彦 プロフィール

大阪生まれの大阪育ち。24才で札幌に移り住み、吉本興業でピン芸人として在籍、25歳でTVショッピングキャスターとしてTV出演し通販会社を設立。

経営10年目でたまたま参加した中村文昭の講演会を聞き、刺激を受け「やりたい事業よりもやるべき事業」そんな使命感をもち、彼が構想中だった北海道での農業を展開する手伝いを始める。

現在の「耕せにっぽん」の責任者として、北海道安平町で事業を展開する。

中村文昭が講演活動で全国を飛び回る中、現場でひきこもりやニートと共に農業をしつつ、耕し隊(研修生)として全国から集まる若者に勇気と希望を与え人育てに日々励む。耕せにっぽんの企業理念・行動指針は中村文昭の4つの鉄板ルールをもとに作られていて、人に喜ばれる事の大切さを伝え、多くの若者の社会復帰を手助けしている。

その実績をもとに、近年、講演会の依頼も増え「何の為に」この事業をするのか?なぜ今農業が大切なのかを全国で伝えている。

また、北海道の農場ではニート、引きこもりだけではなく企業の社員研修も行い古民家を改装した「試され荘」でワークショップや農業体験塾を開き、講師としても活躍する。

肥 川 真 理 子 プロフィール

大分県佐伯市出身。先天性の脳性小児麻痺をもってこの世に生を受ける。

医師から「20歳まで100%生きられない」と宣告されるが、高校まで健常者と同じ学校で同じ授業を受け「薬で治せないのなら、食べ物でこの子の身体をつくり直す」という家族の信念のもと、大病をすることもなく育つ。高校時代から料理づくりを始め、卒業後は姉夫婦の子どもの子守をしながら家族の食事を一手に引き受ける。

25歳のときに母が乳がんを発病、5年後に他界。

その後も祖母や父の介護など、長い介護体験で健康と食の大切さを思い知り、無農薬・無添加の食材を使った料理にこだわる。姉が講演会を主催したことをきっかけに中村文昭との交流が始まり、その人柄と料理の腕に感動した中村から、構想中であったニート・引きこもりと農業を結ぶプロジェクト『耕せにっぽん』の食事担当として誘われ、快諾。北海道安平町で「自分がこんな体で生まれてきたからこそ、若い子には安全なものを食べさせたい」という思いで、全国から集まり農作業をする若者の食事を作るとともに、思うように動かない身体で料理をするその姿を見せることで言葉のいらない教育を行っている。

2014年1月に岡山県にある“百姓屋敷わら”という食育施設で『重ね煮』を学び、自身の料理の幅を広げている。