他人の脳ミソをレンタルしよう | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

若ハゲですら協力な武器になる

 

ある僕の友人は、二十九歳にして

 

相当頭が薄くなっていました。

 

しかし彼は、それを見事にネタにして

 

人を惹きつける武器にしてしまっていました。

 

初対面の名刺交換のときなど

 

「あなた今、ちらっと上を見たでしょう?

 

わかりますよ、眼球が動いたもん」

 

と言って爆笑の渦をつくり

 

一瞬で打ち解けてしまうます。

 

彼は、「若ハゲ=触れてはいけない」

 

という先入観を破ることで

 

見た目のコンプレックスを

 

コミュニケーションの武器にしているのです。

 

 

見た目のコンプレックスもマイナス点も

 

扱い方によっては強力な武器にできます。

 

くよくよ悩まず、それを「期待破り」に使うと

 

考えてみてはどうでしょうか?

 

 

素敵なご縁が皆さまに訪れますように