他人の脳ミソをレンタルしよう | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

志は『何の為に』

 

人生の師匠の教えとは、宝であると同時に

 

心の物差しに似ています。

 

 

『何の為に』という言葉を

 

人生の師匠から学んだ一八歳のときから

 

僕はことあるごとに自分に問いかけてきました。

 

「何の為に店をやるのか?」

 

「何の為に本を書くのか?」

 

「何の為に講演をやるのか?」

 

「何の為にニートや引きこもり君を集めて農業をやるのか?」

 

不思議なことに

 

この問いにバシッと答えられることは

 

やって後悔がないのです。

 

血反吐を吐くほどしんどくても

 

人から無理だと言われても

 

絶体絶命のピンチになっても

 

ギリギリのところでふんばれる。

 

何があってもあきらめず

 

バカにされてもへこたれず

 

腹の底に力を入れてやりぬける。

 

「何の為に」は僕にとって

 

そんな気にさせてくれる魔法の言葉です。

 

志があるということは

 

「何の為に」が

 

はっきりとしているということです。

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように