よく頷く人になれ | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

やる気スイッチオンするには、「誰かのために」

 

僕は、若い女性に向かって話をするとき

 

好きな人にピクニックに誘われたら

 

彼氏のために手作り弁当を

 

持っていったほうがいいと勧めます。

 

『美味いわ』って驚く顔を見たいと思ったとき

 

好きな人のためには魂が反応する。

 

夜中一時二時まで時間がかかったにしても

 

疲れんでしょ?

 

彼女たちは、みな「うんうん」と頷きます。

 

「自分の弁当やったら努力して作れへんやろう?

 

自分の分だけやったら

 

夕飯の残り物詰めておきゃええやんって。

 

彼女たちは、彼氏の喜ぶ顔を見たいがために

 

ワクワクしながら弁当を作るのです。

 

仕事をするということについても同じです。

 

毎日、残り物の弁当ですませるような

 

日々を過ごしていたら

 

二年経っても、三年経っても

 

自分の目の前の景色はよくなりません。

 

しかし、彼氏の弁当を作るような感覚で

 

上司を喜ばせよう

 

お客さんをびっくりさせてやろう

 

と思いながら仕事をすれば

 

「君じゃなきゃ駄目なんだよ」

 

「お前に動いてもらわな困るんだよ」と

 

必要とされるようになっていきます。

 

つまり「やる気」をスイッチオンするには

 

「誰かを喜ばせるために」という

 

「誰か」の存在が必要なのです。

 

人は、自分のためにと思っていても

 

なかなかやる気のスイッチは

 

オンしないものなのです。

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように