目上の人たちに愛されるには | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

目上の人たちに愛されるには

 

「すごい」「なるほど」「おもしろい」

 

「すなお」の法則さえあればいい

 

目上の人に、どうも自分は好かれない。

 

目上の人から愛されないということは

 

相当な人間的欠陥があるのでしょうか?

 

このように自分のことを思っている人は

 

自己分析に終始するよりも

 

「教えてくたさい!」と

 

目上の人に素直に頭を下げて

 

飛び込んで行けばいいと思います。

 

そうすれば、ほとんどの場合

 

相手は気分よく喋ってくれるものです。

 

人が話しているときに、まず一つ相槌を打って

 

「すごいですね〜」と言う。

 

二つ目に「なるほど〜」と興味を示して

 

三つ目は「おもしろいですね〜」と感心する。

 

すごいの「す」と

 

なるほどの「な」と

 

おもしろいの「お」で

 

「すなお」の法則と覚えておけば

 

スムーズに会話を運ぶことができます。

 

時には、素直な自分になろうと意識することで、

 

人を受け入れる間口も広くなり

 

目上の人からも

 

自然と声をかけられるように

 

なるのではないでしょうか。

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように