はじめから嫌われたい人なんていない | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

夢を持った時点で、可能性を狭めている

 

夢がなかなか

 

かなわないと嘆いている人に

 

僕は言いたくなります。

 

「その夢は本当にあなたの夢なのですか?」と

 

単に夢といっても

 

3パターンあると思っています。

 

夢を持っている人。

 

その対極に、夢を持っていない人。

 

そして、真ん中に非常に大きなゾーンとして

 

“夢をファッションで語る人”がいます。

 

子どもの頃から「夢は何?」と

 

聞かれ過ぎてしまったために

 

いつの間にかカッコイイことを

 

言わなければ夢らしくないような気がして

 

魂が発動していない夢を

 

口に出して言ってしまうのです。

 

イチロー選手も契約金一億円もらうような

 

プロ野球選手になりたいと

 

小学校のころからスイッチオンに

 

なっているのですから

 

一生懸命に努力して

 

結果を出しているのです。

 

自発的な夢でなければ

 

本物の夢ではないと言えるでしょう。

 

自分の魂が発動している

 

夢でなければ

 

自分の可能性を

 

狭めるだけなのですから

 

夢が持てなくても

 

可能性はあるんだ!と

 

開き直るくらいでいいと思います。

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように