ダメだと思ったときは、重い荷物を降ろしてみる | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

自信は自分でつくらなあかん

 

講演で各地を回っていると

 

よく、「自信はどうやってつけるんですか?」

ということを質問されます。

 

僕は、「自信」というものは

人からきっかけをもらうことはできるけれども

 

やはり、自分でつくらなければ

身につかないものだと思っています。

 

でも、ほとんどの人が、

ここまでやったという実績もなく

ただやみくもに

 

「自信をつけるにはどうしたらいいですか」とか

「自信がないです」ということを言っていきす。

 

僕はこれは単純に

「自信がつくまでやってみたらいい」

と思うのです。

 

永続的な、本物の強さである

「自信」を手に入れるには

やはり自分で努力することだと思います

 

そして、それは自分の中で

「やりきった」という

境地に達するまでの努力です。

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように