ダメだと思ったときは、重い荷物を降ろしてみる | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

カメになれ

 

 

イソップ童話に

「ウサギとカメ」の話をご存じでしょうか?

 

師匠からこの話を聞いたときに

この話で一番大事なのは『油断をするな』

ということをよりも

 

『スタートラインに立っているときに

ウサギとカメが何を考えていたか』と言いました。

 

ウサギは「こんなのろまに負けるわけがない」

と思っていましたが

 

カメは「自分はのろまだから日暮れまでには

たどり着けないかもしれないけど

一度も立ち止まっている暇はない」

 

と考えていたんだと師匠は教えてくれました。

 

カメは、『他人の目なんて関係ない』

『自分が出来ることをただひたすら考えて行動した』

 

ただそれだけを徹底的に実施した結果

ウサギに勝つことができたのだと・・・。

 

始めることに遅いことはないと思います。

 

どこにたどりつきたいか

どんな人間になりたいかを

 

イメージして行動をすると

おのずとなりたい自分に

なれるのではないかと僕は師匠に教わりました。

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように