嫌な客、困った客こそ、お得意様になる可能性が高い | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

相手に逃げ道をつくってから叱る

 

人を叱るにはいくつかのコツがあります。

 

一つは、その場で叱ること。

 

二つ目は、原則として

 

「許し」の心を持つことです。

 

それがないと

 

個人的な感情で

 

怒鳴ってしまうことになるのです。

 

「この失敗で何を学んだ?」と

 

笑いながら言えば

 

怒鳴るより効果的です。

 

もう一つ大事なことは

 

相手に逃げ道をつくってから叱る

 

つまり正論で迫らないことです。

 

責任の半分を

 

こちらが引き受けてやれば

 

相手は、ほっとして

 

さらなるやる気を示してくれるはずです。

 

僕の見たところでは

 

部下を怒ったり

 

その失敗をあげつらったりしているとき

 

その場の戦いに

 

勝ちたいという気持ちが

 

勝っているようです。

 

しかし、その後

 

結果に結びつくものがなければ

 

勝つことには何の意味もありません。

 

ですから、勝ち負けなど

 

どうでもいいことなのです。

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように