はじめから嫌われたい人なんていない | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

はじめから嫌われたい人なんていない

 

嫌な上司が原因で

 

会社を辞めてしまう人も

 

少なくないようですが

 

嫌な上司というのは

 

師匠に変わる可能性があると

 

僕は思います。

 

客観的に物事を見れば

 

自分に注意した人を憎むよりも

 

学びになることのほうが多いと気づくのです。

 

あの人はズバズバ勇気を出して

 

言ってくれているのかなと考えたら

 

受け止め方も変わってきます。

 

どうでもいい人には何も言いません。

 

愛情の裏返しは無視です。

 

見方を変えてみればいいのです。

 

上に立つ人が

 

部下に対して何も注意しなければ

 

それはいい上司と言えるのだろうかと。

 

人に嫌がられることを一切言わない上司が

 

上司の鏡と言えるのでしょうか。

 

上司が嫌なこと言いだしたら

 

「チェッ」と耳をふさぎたくなるところを

 

ブルンッと振り払って

 

「あ!師匠のお言葉や!」と思う。

 

そう思うと、たいがいのことは

 

聞き入れられるようになります。

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように