はじめから嫌われたい人なんていない | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

お金も知恵もなくても・・・

 

僕が「耕せにっぽん」を始めようとしたとき

 

反対の嵐が、特に農業に携わっている人々からは

 

「簡単にできると思ったら大間違いだ」

 

「農業をばかにしているのか」

 

「絶対ムリだから、今のうちにやめたほうがいい」

 

などの、きついアドバイスが浴びせられました。

 

何かを始めるときには

 

お金も知恵も必要です。

 

しかし、知識も力も、何も持たなくても

 

出せるものがある。

 

それは「汗」です。

 

僕がいつも、引きこもりの人や

 

ニートの人に言っていることですが

 

何も持っていなくても

 

「汗」なら出せるのです。

 

そして、誰でも出せる「汗」ですが

 

実はこれが非常に重要な役割であるのです。

 

畑の石を拾ったり

 

草むしりをしたりする人間がいなければ

 

畑は、いつまで経っても荒地のまま

 

作物が実ることはないのです。

 

一年後。

 

二、三年はムリだと思っていた畑に

 

1000本のとうもろこしが実りました。

 

これはまさに

 

元引きこもりだった若者たちの

 

汗の結晶だったのです。

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように