はじめから嫌われたい人なんていない | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

重い荷物を降ろしてみる

 

どれほど明確に

 

目標を描いているつもりでも

 

前に進めなくなることがあります。

 

完全に行き詰まってしまった

 

と感じたとき

 

どうやったらまた

 

前進できるようになるのでしょうか。

 

物事に行き詰まったときは

 

「いったん頭を冷やして

 

足下を見直しなさい」という

 

天からのメッセージだと

 

僕は、思うようにしています。

 

行き詰まるときというのは

 

一見すると外部に原因があるようですが

 

実は、自分の中に原因が

 

あることが少なくないからです。

 

目標や夢をしっかり見定めているつもりでも

 

そこに何か余計なものが乗っかっていないか。

 

たとえば虚栄心やつまらない競争心

 

無駄なプライドは目標を見る目を曇らせます。

 

日本の自殺数はずっと

 

三万人を軽く超えています。

 

人生という舞台から降りてしまう。

 

これほど悲しいことはありません。

 

もうダメだと思っても

 

人生から降りてしまおうなどとは

 

決して考えないでください。

 

たった一つ

 

こだわりという荷物を降ろすことで

 

グンと気持ちがラクになります。

 

僕も過去に、自分を飾り立て

 

カッコよく生きているように見せることに

 

こだわっていた時がありました。

 

こだわりを手放した時に

 

原点に立ち返り

 

目の前がサァッと開けました。

 

ダメだと思ったときは

 

降りるのではなく

 

重い荷物を降ろしてみると

 

そこから必ず突破口が開けていきます。

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように