問題と問題を掛け算すると、笑顔が生まれる | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

人嫌いの人は自分嫌い

 

人を好きになりたいと思ったら

 

まず、自分を好きになることです。

 

自己肯定感を持てない人は

 

他人の評価をひどく気にします。

 

他人のことが気になり

 

他人を好きになれません。

 

自分で物事の価値を判断できないので

 

嫌いな他人の価値観で行動することになり

 

そんな自分を嫌悪し

 

ますます自分を嫌いになります。

 

乳幼児期・幼少期に、親にどれだけ

 

ありのままの自分を受け入れてもらったかで

 

自己肯定感は大きく違ってくるのです。

 

では、人嫌いな人に接するとき

 

僕たちにできることは何なのでしょうか。

 

子どもに限らず、誰かに接するとき

 

相手を見る目をがらりと変えて

 

「足し算方式」で関わる。

 

何もない状態から

 

「この人はこういういいところがある、あれもある」と

 

足し算をしていくのです。

 

そうすれば、おそらく相手は

 

自分のいいところに気がついて

 

少しずつ自分のことが好きになっていきます。

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように