はじめから嫌われたい人なんていない | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

だらしない人は経営者になるといい

 

勉強も好きじゃなくて

 

器用でもなくて

 

その上だらしがない⋯⋯。

 

そんな僕は、将来

 

いったいどんな仕事に就いたらいいんだろうと

 

高校生の頃、随分悩みました。

 

世の中の仕事が大まかに

 

職人・サラリーマン・経営者の三つに

 

分けられるなあと思いました。

 

僕は、いったいどの道に進めばよいのか。

 

自分の性格と照らし合わせて

 

考えてみました。

 

実は経営者こそ

 

誰でもなれる職業なんです。

 

経営者になるには

 

学歴も資格も試験も必要ありません。

 

ただ一つ、従業員がついてきてくれる

 

「人間力」

 

さえあればいい。

 

いざ経営者になってみると

 

だらしないから、遅刻してしまうなんて

 

言い訳していられません。

 

「人を喜ばせる仕事をやろうー」

 

「返事は0.2秒!」

 

「頼まれごとは試されごと」

 

「できない理由を言わない」

 

「今、できることをやろう」

 

と自分にも社員にも言い続けている僕が、

 

だらしない姿なんて見せられません。

それに、不思議なことに

 

「どうしたらお客さんがもっと喜んでくれるかな」

 

と考えていると

 

自然に体が動き出しているのです。

 

僕は「自分はだらしないヤツ」という

 

自覚があったお陰で

 

今の自分に出会えた。

 

経営者への道に進むことができたと思っています。

 

そう考えると

 

「だらしがない」ってことだって

 

素敵なことだと思いませんか?

 

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように