他人の脳ミソをレンタルしよう | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

一番光っている人の周りには、ナンバー・ツーがいる!

人は一番明るいほうに

 

目が行く習性があるようで

 

誰かがスポットライトを浴びていると

 

その人のことばかり見てしまいます。

 

きらきら輝いているスターには

 

必ずその人を輝かせている

 

ナンバー・ツーがいます。

 

誰かに憧れその人のようになることを

 

目標に邁進するのは

 

とても素直な反応だと思います。

 

何も目標とするイメージがないよりは

 

建設的なやり方と言えるでしょう。

 

ただ一つ忘れないでいてほしいのが

 

輝いている人には

 

必ずその人を輝かせている人がいるということです。

 

さらに言えば、実は人を輝かせている人が

 

本当はもっとも輝いているのです。

 

どんなに有能な人、才能溢れる人でも

 

たった一人で輝くことはできないのです。

 

誰もが支え合って、輝き

 

輝かせながら生きている。

 

そのことがわかっているトップであれば

 

ナンバー・ツーも輝いているはずです。

 

まずはあなたが

 

誰かを輝かせる人になってはどうでしょう。

 

妙な競争心や虚栄心は捨てて

 

人を輝かせることで

 

自分が輝く道を探ってみるのもいいかもしれません

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように