他人の脳ミソをレンタルしよう | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

ベクトルの矛先を変えてみよう

 

世の中には

 

「やらねばならない」ことが多いですよね。

 

「ねばならない」って

 

人の気持ちを曇らせます。

 

そんなとき、僕は「ねばならない」の

 

もう二段階、三段階先の向こう側の

 

「何のために」を描くようにしています。

 

たとえば、結婚式といえば

 

誰にとっても一生一度の晴れ舞台。

 

「失敗してはならない。」

 

「絶対、成功させねばならない」と

 

「ねばならない」のワナにはまりがちです。

 

そんなとき、僕は自分の心のベクトルが

 

自分に向いていることに気がつきます。

 

その矛先を自分ではなく

 

二人のこれからの未来にまで

 

もう二段階、三段階向こう側へ思いを広げます。

 

するとあっという間に「ねばならない」の

 

心の曇りが晴れて

 

ワクワクしてくるのです。

 

そしたらもう

 

「やりたくてしょうがなくなって」きます。

 

 

「やりたくてしょうがない」

 

という感覚でやっている人間のところには

 

情報や協力させてくれという人が集まってきます。

 

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように