悩みのうち、悩む価値のあるものは3分の1 | クロフネカンパニー 中村文昭

COLUMN

神さまが喜ぶかどうかを考える

 

人はえてして

 

得をしたときよりも

 

損をしたとき

 

人に何かしてもらったときよりも

 

人に何かをしてあげたときのほうを

 

よく覚えているものです。

 

いつも損ばかりと

 

考えていると人生は

 

少しも面白くなりません。

 

一回しかない人生を

 

楽しく暮らすためには

 

物事を損得で

 

考えるのをやめることです。

 

僕は、何か新しいことを思いついたとき

 

いつも「天照大神さんは喜ぶかなぁ」

 

とよく思うのです。

 

これは、神さまが

 

喜ぶことなのかどうかを考えると

 

僕の頭から

 

損得の感情は抜けていきます。

 

「損得」ではなく「尊徳」

 

で考えてもいいかもしれません。

 

これは「尊いことなのか?」

 

「徳を積むことなのか?」

 

そう考えると

 

神さまが

 

喜ぶことに近づける気がします。

 

神さまが

 

背中を押してくれているような

 

追い風が吹く感じがするのです。

 

神さまが

 

喜ぶことをしていると思えるとき

 

僕は、大きな幸福感に包まれます。

 

 

素敵なご縁が皆様に訪れますように